たけてぃーの開発ブログ

エンジニア視点からWebサービスについて考える

フリーランスのエンジニアとして仕事を始める

7月に入り気温も上がりすっかり夏になりました。

ここ2ヶ月で起こったことをまとめて現在の状態と今後の展望についてまとめていこうと思います。

5月

バイト先の新サービスに向けてWebAPIをLaravelで、フロントエンドをAngularjs+Fluxで開発して準備をする。骨組みが完成し、いつでも即開発できるような状態まで持っていけていた。

6月

  • 6/2

バイト先で新サービスの開発が中止、その場で即バイトの首を切られる。(かなり凹んだ)

  • 6/3

たまたま筑波大卒の方Sさんとご飯食べに行く機会があり、事情を告げる。

  • 6/4 ~ 6/13

Sさんの大学時代の友人Aさんを紹介してもらう。Aさんは現在都内でフリーランスのエンジニアをやっていて、そのつてで仕事の紹介をしていただく。

  • 6/14

紹介先の方と面接をし、その場で即githubのレポジトリをいただき、開発をはじめる。雇われではなく、受託開発なのでフリーランスとして働き始める。

  • 6/14 ~

現在はその仕事のみをやっているが、他の方からもオファーがきているので他にもやるかもしれない。

フリーランスになって1ヶ月で思ったこと

  • 技術力も大事だが、コミュニケーション能力も大事

依頼主の要望を適切にまとめ、それを実装する。

  • リモートワークが主なので文章を美しく書く必要がある

今自分が何を思っていて、何が必要で、何を聞いているのか明確かつ答えやすい形で質問することが重要である。

自分で1から実装するなら別だが、他の方が書いたものを使うのであればとにかくソースコードを理解し、うまく利用して実装するのが重要である。

  • 自分からアイディアを提案し、その実装コストを説明する

いわゆる「コスパの良い」実装方法を提案することが重要である。

今後の展望

今現在いただいている仕事で大幅なリニューアル(Pure Railsで作られたものをフロントエンドとWebAPIに分ける)を提案したら好感触だったのでその開発をやると思う。他にもissueを片付けたり。

友人とゲーム開発をやって売ろうという話や、新サービス(SNS)の開発をして運用する予定(確定)。

「起業するからエンジニアとして手伝ってくれ」という誘いを受けたのでその開発をやる予定(予定は未定)。

技術的なこと

現在僕のできることはこんなもんですかね

SCSSを使ったりも...

  • javascriptのライブラリを用いたフロントエンド開発

javascriptのライブラリはjQuery, Angularjs, React.js, Riot.jsを使ってきた

デザインパターンFLUXがマイブーム

ビルドツールgulpを使い、ビルドシステムを作ったり

  • WebAPI制作

Laravelを使ったWebAPI制作(認証はJWTが便利ですね〜)

これは業務経験もあるし、個人開発もあるから割と慣れてる

最後に

今は大学生なのであまり開発にも打ちこめていなく、上司や教えてくれる人が少ないので、どうしても独学に頼らざるを得ない状態です。さっさと社会人になってもっともっと開発力やコミュニケーション能力を高めていきたい。

戯言

想像以上に開発力よりもコミュニケーション能力を問われるんですね。開発力を高めるよりもコミュニケーション能力を高めた方が今後稼げる.....?